2011年6月28日火曜日

Next Blue Paul Smart 1000LE  CAICOTSU !






こんにちは〜!  
ポールの迷宮カラーカスタムにさらに迷う 甲斐で〜す。

題して ポールスマートのダークシーブルーのインパクト。



ああああ〜迷います。Ducati Paul Smart 1000LE CAICOTSU号ですが、
暇つぶしに純正色には存在しないライムグリーンへとイメージチェンジを考えております。
グリーンというカラーリングは本当に自分自身が好きな色なのか?ノリでペイントしても大丈夫かな?
そんな1〜2%の小さな選択に対しての不安が脳裏を過ります。
実はカスタムモディファイというアクションの醍醐味は、
このグズグズと迷っている時間というのも含めて色々と個人的に好きなのですが、
選択候補は他には無いのか?と考えて色調変換で遊んでみましたら濃いシーブルーなんてカラーを発見。

精神的なイメージカラーでは青という色は「憂鬱や陰気」を意味するそうですが、
個人的には鮮やかな青なんて結構イメージに関係なく好きなんです。
BLUEというスペルも「Blue」英語と「BLeu」フランス語でスペルの順番も違うようです。
カラー配色も簡単にご説明させて頂きますと赤いスポクラシリーズでお馴染みの
スポルト1000Sに対する反対色のブルーバージョンでしょうか、
センターストライプを1本入れて黒い輪郭で締めくくりDucati Sport Classic Sports 1000S風に仕上げるか、
もしくはシンプルな明るめの白を配合した1色で至ってシンプルに仕上げるかまたまたソコが問題なんです。

この場合の難関はフレームの薄いバンブーグリーンメタリックの特殊塗装を、
外装カラーと同じブルーで統一させないとセンス的にも駄目ですね!
う〜ん難しい選択ですね!フレームの色まで塗り直すとなるとコストの関係で大掛かりな分解を考えなくては!
どうせ分解してしまうならDucati Paul Smart 1000LE に搭載されるDSエンジンを、
この際ですから最大排気量へとチューンついでにボアアップでもしちゃおうかなぁ〜!
イカンイカン危険な領域へと煩悩はドンドンと加速して行きます。


甲斐。
コメントを投稿