2009年5月24日日曜日

走る昭和のマシン。SR500






[19DSC_0013.jpg]






[19DSC_0058.jpg]






[19DSC_0134.jpg]





[19DSC_0061.jpg]





[19DSC_0345.jpg]






[19DSC_0158.jpg]






[19DSC_0138.jpg]





[19DSC_0099.jpg]





[19DSC_0069.jpg]





[19DSC_0064.jpg]






[19DSC_0271.jpg]






[19DSC_0242.jpg]





[19DSC_0231.jpg]






[19DSC_0214.jpg]






[19DSC_0175.jpg]





[19DSC_0425.jpg]





[19DSC_0415.jpg]





[19DSC_0380.jpg]





[19DSC_0368.jpg]






[19DSC_0345.jpg]


またまたこんばんは〜甲斐です。パート2です。
今回もポールドカネタでは無く単気筒マシンSR500カフェのお話しです。

走行可能な状態に生き返ったSR500単気筒マシン。
昭和のノスタルジーが何とも云えません。キックをして始動なんですが、
これまたSR特有の上死点ポイントにピストンを合わせてからキックを入れないと大変です。
年式が年式ですからあれこれと直したい箇所が色々と出て来ます。
コツを掴めば大丈夫なのですが、適当にキックしていたのではなかなか始動してくれません。
走行シーンを撮影して貰いました。


にほんブログ村 バイクブログ ドゥカティへ

「骨まで愛せる我が道楽人生。」私の記事や写真をご覧いただき、
本当に面白かったとか、心より楽しかったな〜と思えるときは是非是非、
温き心でのお付き合いの1票を宜しくお願いいたします。 甲斐 孝志 40歳




コメントを投稿