2011年5月31日火曜日

色の引力。ポイントで差す珠はこれからのキーワード。



















こんばんは!甲斐です。

鮮やかな赤はなんとも強烈な存在感と色を超えた衝撃的な雰囲気を合わせ持つ色だと認識しています。
ワンポイント遊び半分でホワイト90%の世界へ意図的にこの鮮烈なREDを放り込んでみました。
白い空間に突如として現れる左右同じ位置での丸みを帯びさせたラウンドレッドのミラーの半分の下面積。
不自然な色と色の調和が逆に新鮮なインパクトを生んでくれたりもするのです。
ASMの金山総店長様が大切にモディファイを繰り返しているS2000にインスパイアーされました。
アイボリーホワイトのS2000に鮮やかなオレンジ色がトッピングされ、
色と色の面積バランスも配合されている補色同士の視認性も丁度適度なコンビネーションと配分だったのです。

真似したいけれど真似出来ない微妙なジレンマが次第に芽生え、チャンスを静かに窺っておりました。
そうだ暇つぶしにポルシェのカイエンターボにこの色と色の遊びと手法を組み込んでみよう!
飛び石激突やらタマゴの殻みたいに玖珠んだアイボリーホワイトのミラーカバーを実験的に色替えです。
と2011年05月31日に実際にホワイトカイエンウッチー影武者1号車へとこの試みを実行させてみました。

う〜ん、さすがに違和感があってなんとも微妙な素敵具合!でもなんだかワンポイントお洒落に見えるかも?
楽しい955カスタムモディファイの世界の扉がまた1枚ゆっくりと開きました。これは結構イケルかも???
コストもロープライスでペイントだけで凄くリーズナブルな遊びなんです。
しばらく反応とそのリアクションの流れを含めて様子を見てみましょう〜!


甲斐。

コメントを投稿