2013年4月9日火曜日

イタリアはTCM バイク乗り専用の粋な機械式腕時計に惚れました。その2






男の纏め買い!

そんな衝動的な年があってもいいじゃないか!

2013年は不思議な年です。
0123という数字が組み込まれた規則正しき数字の羅列。
この羅列は秩序の崩壊を意味する
構成数字の年なんだそうです。

普通の機械式時計のプロセスは
ロケット花火のようなスタイルで段々と欲しくなります。
火を着けて導火線から勢い良く上空に飛び上がり
空高く舞い上がってから爆発です。

勿論爆発は単発式の花火ですから
誰かが心の中の導火線に火を着けない限りは爆発しません。
自分にとってのコレクションや宝物なんてのは
だいたいがこんなタイミングで火が着きます。

でもTCMの場合は違っていました。
類希にみる24本が束ねられた爆竹花火なんです。
導火線から撃針までが非常に短く
連鎖爆発を引き起こす醍醐味があるんです。
シンプルに爆竹1本単位ではたとえ火を着けたとしても
爆発力も可愛らしくて物足りません。
TCMは1本とか2本とかそんな単位で購入するような
コレクション時計ではないのかも知れません。

単価が20年前くらいまえの物価指数に
逆戻りしたかの如きリーズナブルなんです。
TPOに合わせて格シーン事にモデルを考える事が出来る
本当の趣味時計なのです。
大地、海、空とこの異空間ジャンルを
複数のコレクションで楽しむのです。

バイク用に私はバイク専用機械式腕時計として、
300本限定のスモーキージョーを手に入れました。
Ref TC 7006GUN3PAです。
金額的には正直物足りないくらいに
リーズナブルで1本12万7050円程度なんです。
この僅か12万程度の時計を買おうかどうしようか?
な〜んて男が真剣に悩むのも正直面倒なくらいの
微妙なる価格帯なのでした。

最初は黒いPVDブラックボディーの
MANCINO NOTTURNOを1本と考えていました。
金額は同じく13万2300円程度のクロノではない方の
黒いネズミ3匹のモデルなんです。
朝練メンバー用に
スモーキージョーが
衝動的に欲しくなり迷いました。
迷ったのは何にしようか?なんて
選び出す為の選択ではありません。
夏には海にも行きたいですから、
1000メートルダイバーのARTIGLIOの
ルミノーバも候補として浮上です。
こちらは26万2500円と金額も丁度手頃なんです。
あれがいいのか?これがいいのか?なんて悩むのが
面倒なくらいリーズナブルなTCM,

また5月の22日から大幅に値段が急上昇してしまう
クロノマンチーノモデルもGETしておきたい!
時間の経過とともに円安値上がり前の
タイミングが偶然にも重なり、
どうせ後から欲しくなるのは
自分の性格からだと抑えられない!
面倒くさいから4本全部同時に行っちゃおう〜と
いつもの反射神経で決断です。
表紙のモデルは「男の2本買い」をして下さった
HRフリーク代表の部谷さん41歳です。












































































































































































































































































コメントを投稿