2014年5月28日水曜日

本当に欲しかったメカ時計はシンプルなカレンダー無しモデルの3針 超デカ時計!TCM AFF3 Limited













2014年05月28日


東京港区芝公園3丁目 
AFF3  オリジナルウォッチの試作品が到着。

  本当に欲しかったメカ時計は
シンプルなカレンダー無しモデルの
3針超デカ時計! TCM   AFF3  

こんにちは〜!AFF1の甲斐で~す。
2014年05月28日の水曜日は
AFF3東京タワー店×モントレソルマーレ社×TCM
オリジナルモデルの試作品が完成して参りました。

ということで早速腕に装着して
その存在感を満喫です。
弊社開発のオリジナルの
TCMコレボレーションウォッチのコトを語ると
それは間接的にも自画自賛に思われてしまいそうですが、

正直、イイですね!

このTCMのスポーツクラッシックモデル!

まず、面倒臭いカレンダー機構が
省略されているのが大きなポイントです。
ということは、シンプルにネジを
チャージして時刻調整だけでイイんです!
既に何本も時計コレクションを持つ
マニアの方には有難い機能なんです。
リューズも邪魔にならない
逆サウスポースタイルで手の甲に当たりません。
それから飛び出し具合の激しい
クラシカルな風貌もイイですね!
これにより厚みというか存在感というか
素晴らしい塊感が味わえます。
ケース外径が47mmのビッグサイズですが
パッと観は55mmくらいの迫力なんです。
防水機能は 95,5ATM  つまりは
簡単な100メートル防水ということです!
コストパフォーマンスもなかなかで
この造り込みの良さで
金額がそれぞれ 398,000円税別とは
スゴく良心的なグッドプライスなんです。

かつてIWCの130周年記念モデルを発表した時は
ステンレススティール製品で
確か1本単価が108万円でした。
安定して在庫がある時は
普通にゆっくりとのんびりと売れて行きましたが、
在庫が無くなったあたりから
いきなり電話にて遠方の方からの問い合わせが殺到でした。
存在が浸透して行くスピードと
欲しいと思われるタイミングが微妙にズレたのかも、
深く考えると世の中は本当に矛盾しています。
欲しい時には無くなっているのですから!
100万円を超えるドッペルリミテッドは
130本もの本数が短期間で全部完売になったのです。
当時は企画発案に携わらせて頂きましたが
文字盤に店名は入れておりませんでした。

今、自分が本当に欲しいのは
これらのTCMシリーズなんです。
思わず惚れてしまうやろ〜!ではありませんが、
思い切って保存用に1本と日常使用用に1本と考え、
AFF-3  シリーズで2本と2本で4本、
それからAFF-1シリーズで2本づつ!
同じモデルを2本ずつ合計6本くらい
極秘入手したいくらいです。
サファイヤクリスタルの立体レンズを採用した
本格派TCMモデルが旬なんです。
50本限定が2種類で、24本限定が1種類の
合計124本のリミテッドエディションです。
みなさんが3本纏めてGETされる現象が続いております。
 同時に手に入れられる気持ちが判るような気もします。
これはこれでありだな!久しぶりに本気でそう感じました。



甲斐 孝志













































































2014年05月28日


東京港区芝公園3丁目 
AFF3  オリジナルウォッチの試作品が到着。

  本当に欲しかったメカ時計は
シンプルなカレンダー無しモデルの
3針超デカ時計! TCM   AFF3  

こんにちは〜!AFF1の甲斐で~す。
2014年05月28日の水曜日は
AFF3東京タワー店×モントレソルマーレ社×TCM
オリジナルモデルの試作品が完成して参りました。

ということで早速腕に装着して
その存在感を満喫です。
弊社開発のオリジナルの
TCMコレボレーションウォッチのコトを語ると
それは間接的にも自画自賛に思われてしまいそうですが、

正直、イイですね!

このTCMのスポーツクラッシックモデル!

まず、面倒臭いカレンダー機構が
省略されているのが大きなポイントです。
ということは、シンプルにネジを
チャージして時刻調整だけでイイんです!
既に何本も時計コレクションを持つ
マニアの方には有難い機能なんです。
リューズも邪魔にならない
逆サウスポースタイルで手の甲に当たりません。
それから飛び出し具合の激しい
クラシカルな風貌もイイですね!
これにより厚みというか存在感というか
素晴らしい塊感が味わえます。
ケース外径が47mmのビッグサイズですが
パッと観は55mmくらいの迫力なんです。
防水機能は 95,5ATM  つまりは
簡単な100メートル防水ということです!
コストパフォーマンスもなかなかで
この造り込みの良さで
金額がそれぞれ 398,000円税別とは
スゴく良心的なグッドプライスなんです。

かつてIWCの130周年記念モデルを発表した時は
ステンレススティール製品で
確か1本単価が108万円でした。
安定して在庫がある時は
普通にゆっくりとのんびりと売れて行きましたが、
在庫が無くなったあたりから
いきなり電話にて遠方の方からの問い合わせが殺到でした。
存在が浸透して行くスピードと
欲しいと思われるタイミングが微妙にズレたのかも、
深く考えると世の中は本当に矛盾しています。
欲しい時には無くなっているのですから!
100万円を超えるドッペルリミテッドは
130本もの本数が短期間で全部完売になったのです。
当時は企画発案に携わらせて頂きましたが
文字盤に店名は入れておりませんでした。

今、自分が本当に欲しいのは
これらのTCMシリーズなんです。
思わず惚れてしまうやろ〜!ではありませんが、
思い切って保存用に1本と日常使用用に1本と考え、
AFF-3  シリーズで2本と2本で4本、
それからAFF-1シリーズで2本づつ!
同じモデルを2本ずつ合計6本くらい
極秘入手したいくらいです。
サファイヤクリスタルの立体レンズを採用した
本格派TCMモデルが旬なんです。
50本限定が2種類で、24本限定が1種類の
合計124本のリミテッドエディションです。
みなさんが3本纏めてGETされる現象が続いております。
 同時に手に入れられる気持ちが判るような気もします。
これはこれでありだな!久しぶりに本気でそう感じました。



甲斐 孝志


















コメントを投稿