2011年9月10日土曜日

神経質野郎だなんて思わないでください〜!W124.



























こんにちは〜!甲斐です。

最近入手させて頂きました我がマシン MY92メルセデスの500Eですが、
ボンネットの上に飛び石痕が3個もありまして!非常に気になっております。
それからフロントバンパーの無数の飛び石痕、ライトレンズへの飛び石による衝撃打痕。
フォグランプレンズにも同じく飛び石による衝撃打痕。
またまたフロントグリルのインナープラが色褪せてライトグレーへ変色。
天井のメタリックコンディションもやや色褪せて本来のブルブラより弱冠薄くなっているような気配。
フロントドアとリアドアの接合部分のメタリックの粒子の細かさの違い。そしてトーンの違い。
このボディーコンディションの全てが気になり出してしまいました。
神経質で細かい嫌な性格の男だなんて思わないでください。
これも持って生まれた性質で血液A型人間特有の、ちょいと「気にし〜!」なだけなんです。

この際ですから、徹底的にレストアレーションレベルでの全塗装にしようかと思いました。
駄目ですね〜拘らないように拘らないようにと心にブレーキを掛けていたつもりなのですが、
外見の局部がそれなりにキチンと正しくそして美しくないと、
やっぱり心の底からエネルギッシュにマイカー魂が燃えないのです。
この持って生まれた性格は変えようがありませんから、2011年09月10日に、
日頃からお世話になっている塗装屋さんへMY500を持ち込む事にしました。
ガラスを全部外してレストアレーションレベルでサッコパネルにインナークリップやガゼットピン、
締め付けクランパーに専用ボルトにネジにその他,
純正部品もこの際ですから全部新品に交換してしまいたいです。
当時新車でこのクルマ500Eを手に入れて購入された方を心から尊敬します。

実はこの500Eは心から尊敬する師匠として個人的にも崇拝している、
あのビッグネーム濱田師匠から個人的に譲って頂きました。
その前は当社の榎本が所有していたポルシェラインの初期型500Eでした。
榎本も拘りの性格で外見エクステリアよりも中身の心臓部エンジンのレストアを含めて、
重点的に新品エンジンクオリティーで徹底的に仕上げておりました。
新品で注文したエンジンパーツの値段がメルセデスの純正部品だけで約180万円相当でした。
それにレストア組み込みオーバーホールの外注組み込み作業工賃が約同じく200万円相当、
新品ピストンを8個、新品コンロッド、それに付随するバルブ類やスプリング類を全部です。
その他新品オルタネーターやらエンジンメインハーネスやらあれもこれもと、
純正のオリジナルクランクケース本体とシリンダーとヘッドカバー以外は全部交換して仕上げました。

名車と呼ばれるクルマは如何に数多くの人達の愛情を熱く注ぎ込まれて育ったか?
中古車ですから当然年数にともない劣化はしますし走行距離もそれなりに伸びて行きます。
ですがこうした所有者の愛情やエネルギーでより美しく、
より素晴らしい個体のコンディションへと生まれ変わる事が可能なのなら!
ということで喜んで全塗装を決断です。
カラーは濱田師匠の想い描かれた500に対する熱きセンスを貫き通しながらも、
同じくメルセデス純正ツートンの199ブルブラカラーで上品に仕上げたいと考えています。

甲斐。



コメントを投稿